翼を得た日

翼を獲た日(卒業文集より)

中学年の夏休み、 高校選びの為、色々な 高校を回っていました。勉強が苦手な僕が通えそうな高校はあるのか母と色々なところを見て回っていた時に、学館との出会いがありました。体験学習に参加し、丁寧で分かりやすかったので、ここなら3年間やっていけそうだと思いました。
僕は勉強がすごく苦手で定期試験の勉強も思ったようにできなく、毎回再試が続きました。最初は無理だと思っていたのですが、先生が「〇〇ならできるよ。自信を持て。」と再試の度に言ってくださり、何とか乗り超えられました。本当に諦めなくて良かった。自信を持って卒業することが出来ます。僕だけの力じゃここまでやって来られませんでした。先生方が支えてくださったおかげで、今があると思っています。本当にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。
学館生活ではいろいろなことを経験できました。一番の思い出は修学旅行でした。また、部活動に入って全国大会に出場できた事。スキー教室にも3年間参加できた事。アルバイトも経験できた事。沢山思い出ができた事。学館に通っていなければできなかった事です。本当に色々な経験と思い出ができました。先生方、ここまで育ててくれた家族、本当にありがとうございました。

僕は中学2年の後半から学校に行かなくなった。原因は些細なことの積み重ねで、全ての気力を失い、学校に行けなくなった。 親に勧められるまま西武学館に入学した。だが入学した瞬間に人間性が変わるかと言えばそんなわけもなく、入学式を欠席した。端的に言えば逃げたのだ。そのときは新しいことに挑戦することがとにかく嫌だった。しばらくは学校に行けない日が続き、夏休みに入ると補習が沢山あった。そこで僕は、辛い補習を避けるために、周囲の人を安心させるために努力するようになり、なんとか少しずつ学校に行けるようになった。
2年生になると、少しずつ進路の話が出始めた。 自分としては大学に行きたいなとぼんやりと思っていた程度だったが、時間が経ち、親や先生と話すうちに、強く思うようになった。なにより中学時代に潰れた自分自身を、勉強を通して努力することで、救おうと思った。また、純粋にもっと多くのことを学びたいと思った。
その後なんとか努力を続け、大学から合格通知が届いた。第1志望ではないけど、自分のやりたいことができる大学だ。僕はこの3年間で驚くほど変わったと自分でも思う。それは先生や家族、友達のお陰です。3年間ありがとうございました。

自分は中学生の 、メンタルが弱く、そのくせ怒りっぽく、学校で少しいじられるだけで物に当たってしまっていました。しかし、それを克服しようとはせず、人とあまり関わらないようにしてしまいました。そのため中学時代の後半はほとんど不登校で、人とコミュニケーションをとることができないまま中学3年生の後半を迎えてしまいました。そんなとき、学館の体験授業を受け、この学校で3年間成長していきたいと思いました。
学館に入学した当初も、不登校ぎみで教室にすら入れなかったのですが、 頑張らなければならないと思ったこと、先生方からアドバイスを 頂いたことで少しずつ学館にいられる時間が増えました。教室で1日授業を受けられた時、とても嬉しかった記憶が残っています。2年生からは徐々にコミュニケーションを取れるようになり、学校行事にも積極的に参加できました。 3年生になり進路のことも考えなければいけなくなり、先生方からも色々な指導を受けながら成長していくことができたと思います。この年は、皆勤賞をとることができて、とても嬉しかったです。3年間の成長を感じられました。これからも苦手なことにも 諦めずに努力していきたいと思います。
先生方、 3年間ありがとうございました。

PAGE TOP